--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
29日ようやく3部のうらあらしです
残り、30日1・2・3部のMCとうらあらし。
31、オーラスが残ってます・・・が、
ちょっと・・・どうかなぁ(苦笑)

とりあえず、ARASHICの想い出に浸ってる方はどうぞ。って私もそうなんですが

あらしごと多すぎて展開早すぎて、レポがめちゃくちゃ今更な感じしますね・・・

ARASHIC横浜29日3部~うらあらし

☆何で女の人はムダ毛の処理をして、男の人はしないんですか?してない女の人はどうですか?

「なるほどね」
「別にいいんじゃないですか?」
会場「えーーー!!!」
「えっ?松本君それは・・・?」
「いや、男性の話」
「ああ・・・」
「男性ホルモンだから」
なんかここでメモに「胸毛」とありますが、忘れました;
「昔さぁ、19歳の頃にイタリア俺と翔ちゃん行ったよね」
「あ、ああーーー、行ったー!めっちゃ楽しかったね」
「その時に、女の人わさーっ!ってワキ毛生えてたよね!あれちょっと引いたよね;」
「いたねー」
「それでね、イタリアの人はそういう文化なんだと!そう思ったんだよね」
「でもバレー俺ら応援したじゃん、あの時イタリアの人いなかったじゃない」
「あれっ?そうか・・・そういえば;あれー?じゃあ文化じゃないのかなぁ」
「たまたま俺らが観た人だけだったかもよ」
「もしかしたらユニセックスな男性かもしれないしね」
「いやどう見ても女性だったろ!」

☆もし将来自分の子供に、デビュー当時のシースルーの衣装姿の映像を見られたら、どうリアクションしますか?
シースルーがかっこいいということを説明して下さい(笑)

ここで、当時のMステの映像とスケスケで停止してる嵐メンが映ります
「あれを選んだ本人達(当時のお偉いさんだったかな)が、これはないなって苦笑」
「じゃあ松本君!」
「ちょっと待って。え?考える時間をくれっ」
何故か焦る松本さんをパスして、まずは翔くんから
ちなみに子供役は相葉さんです
スクリーンに映った停止画を見ながら芝居してます

「ねーねーパパー」
「なんだ、雅紀」
「あれ、パパでしょ?」
「!!・・・ま、若い時だね」
「なんであんな格好してるの?」
「・・・当時はだな、雅紀。携帯・PHS・・・全てスケルトンが流行っていたんだよ」
「他の人も?」
「他の人も」

こんな感じです;
そして、そのまま流れは当時確かにスケルトン多かった!とか、携帯のアンテナでやたら長いのがあったやら懐話で盛り上がってます
「智くん、確か長いアンテナつけてたよね?」
「うん、つけてた」

続いて、まとまったようなので松本さん

「パパー」
「何が聞きたいんだ?雅紀」
「ねーあれ何あれー、パパだよね?あれ、何?かっこいいの?」
「・・・バカだなぁ、かっこよさってのは創っていくもんなんだぞ?」
「あークールビズってこと?」
「そう。僕たちは99年からやってたんだ」

続いて、にのちゃん

「パーパー」
「何?」
「これ何?」
「なんだろうね。昔のグループだな。松本君、櫻井くん、で・・・・・・・・・・・・・・・・・・あ、大野君だ。うん・・・・・・で、相葉君」←うんの位置には自分が映ってるんですが笑
「あれ、パパだよね?」
「こんなダサイの着ないよぉ」
「え?パパじゃないの?」
「はい、おしまい!子供は見ちゃだめだよ」

「否定するんだ」
「そう。嘘をつき通す、と」

そして大御所キャプテン
またヘンに「パパ!」なキャラです笑

「いや今日も疲れたー」
「パパお疲れー」
パパの肩を揉む雅紀
「あー気持ちいいなぁー」
「僕ね、パパみたいなグループやりたいっ!」
「お!あ、そう!!お前からそんな言葉が出るなんてな!」
「ねーあれパパでしょ?」
「あーかっこいいな!今でもかっこいいなぁ」
「今でも?」
「あれ当時・・・その、5色あって。パパは・・・黄緑だったかな。あれ大人気なんだぞ?新宿に売ってるから買っていいよ」
「えー?ねぇ、衣装いくらくらいするの?」
「わかんない」
「そこはわかんないんだ笑 でもあれレインコートみたいじゃんー」
「だから、あれを切ったパターンで作られたパターンなんだよ」←ややこしいよ;

最後に、皆から促されて相葉さん。子供役には大野さんです
なんか確かゲームかなんかを一緒にやってる子芝居から始まったかな?
とにかく無邪気な大野さんが可愛くって、見入ってメモがないんです(苦笑)

「パパ、へたくそー。(画面を見て)あっ!パパだ!これパパでしょ?!」
「あっ!お前こんなの見んなよー!」
「パパ凄いね。昔のアイドルみたいっ」
「パパはな、昔城みちるって呼ばれてたんだよー?イルカに乗った少年だったんだ」

うーん、メモがもうないです・・・

「あのタイミングでしかなかったね」
「じゃあ、伝説は語り継いでいきましょう。以上、うらあらしのコーナでしたー!」
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://doubles.blog20.fc2.com/tb.php/513-04535aa1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。