--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大阪3部終わってないですが、きっと福井のが気になりますよね…
ってことで、ひとます今日は1部MCのみアップ。
後日続きを書きます

福井、凄く楽しかった…
別に感想書こう。
大野さんが…やばい

以下、ネタバレ
ARSHIC福井1部~MC

「福井、イエーっ!」
会場「いえーい!」
「ね、初めてっていうことながらも。にのちゃん」
「ん?」
「ついに来たね」
「間違いないね」
「7年目にして、初のドーム公演ですよ」
「奥の方っ、見えてるぞーー!!」
「まぁ確かに見えてるけど…
ねぇ、ここは主に何やるの?ドッヂボール?」

「ドッヂボールはないだろ!ここはドーム?サンドームが正しいの?」
会場「サンドーム!!」
「サンって何?」
会場「太陽ー」
普段は、フリマやプロレスなど、スポーツ大会会場として使用されるとのことです
「ちなみに、初めて嵐見た人?」
会場からはーいとちらほら挙手する姿が
「おおー。人物かっこいいっしょ!顔ちっさいしね」
「意外と身長ないとも言われるよね」
「俺意外に薄いって言われる」
「濃いか薄いかで判断されるんだね…」
ここでカメラがアップで撮る
「ああ?!何勝手に撮ってんだよ!」
「彼はこうやってすぐキレますからね」
「俺さ、前にD誌でランキングみたいなんやってて?「ケンカっぱやそうな」で5位だったの。5位って妙にリアルじゃない?」
「リアルだねー。ちなみに1位は?」
「田中こうきだった気がする」←検索よけです
「あータナカ聖ね。あいつは確かに怖そうだ」
「俺もさぁ、前1回…なんだっけ。勉強が出来そうな…家庭教師かなんかにしたいだったかなぁ」
「これで慶応ボーイですから。なんなの?」
「家庭教師だった気がする。それに、勉強入りNo.1で「殿堂入りしますか?」って聞かれて、他に誰がいるんですか?って聞いたら「大食いそう」で長野くんが入ってたの笑」
「あー長野君ね」
「俺なんかさ、一人ぼっちが似合いそうって。しかもダントツ1位で「二宮さん、おめでとうございます」って全然嬉しくない!
しかも、2位が堂本剛だからね」

「そういやにのちゃんボーリング行ってなかったっけ?」
「行ったの、そこで凄かったの。ストライク4回も出しちゃった」
「にのちゃんが?」
「俺が。空気読めない後輩になっちゃったけど」
「ボーリングさぁ、あなた好きだよね」
「うん、10回とかいける」
「バカだね。
しかもさ、仕事の後とかに行くでしょ!あれ凄いよね」

「なんかね、お酒の力を借りるといけるんだよねー」
「自分に酔ってんだよ」
「ひゃひゃひゃ笑」
「前にさぁ、取材受けて…松本君はいなかったのかな。俺とにのちゃんと智くんで終わってご飯行こうって相葉君に誘われて、行こうとしたらいつもの通り智くんは消えたよね」
「苦笑」
「でさぁ、3人で飲みに行ったら何故か相葉君の友達もいて」
「予定がかぶっちゃってたんだよね」
「だったら俺ら最初から誘わなきゃいいじゃん!」
「でもまぁいいかなって」
「「同じ中学のものです」って知らねーよ!」
「あとからね、「俺生嵐に会っちゃった。本当ありがとな」って言われた」
「それお前が感謝されただけじゃん!」
「ね、ね。そろそろうちのキャプテンにも喋らせてあげて」
ここまで一言も言葉を発してない大野さんの肩を抱きながら松本さん。
「キャプテン何してたの?」
「俺ら会うの久しぶりだよね」
「…申し訳ない。何にもやってな…い」←イントネーションがおかしい
「ほらもうそろそろ日本語忘れかけてるよ」
「休みあったよね?」
「あった」
「何してたの?」
「ずっと友達といた」
「粘土作ってたの?」
「粘土は、やってない。もう終わった。ずっと友達といただけ。
あの…この前大宮SKの粘土作ったの」

ニ(突然)「アハハハハハハハ!!
あのね、俺見たんだけど全然違うから。びっくらするよ」

「皆にも見せる機会あると思う」←是非っ
「でもねー、凄いよ。ハチマキもだし羽も立ってたからね」
「作ったの?バカじゃない?」
「楽しいの?」
「楽しくなかったらしないでしょ」
「ねぇ、俺誕生日近いからちょうだいよ」
「今の、カツアゲですから」
「だって、俺誕生日貰ってないよ!」
「じゃあ貰って、また返すからちょうだいよ」
「それは松本君の手作りということでいいんでしょうか?」
「何かこんなんなってそうだなぁ」←目の下を引っ張って少し崩れた顔
「でも俺と翔君は無理だよね」
「バカ、俺うまいって」
「少しずつ、うまくなってるよね」
「この前、また大野君と俺で絵描いて…の、Gの嵐の神経衰弱やったんですよ。
そこで大野君が描いたまいけるじゃくそん(以下MJで)松潤ソックリなの!」

「まぁMJには違いないよね」
「元々MJ似なんだろうな」
「根がね?」
「根はかわらねーだろ」
「ちょっと前意識してたでしょ?」
「いつのだよ」
「ロナウジーニョかなって思ったときもあったけど」
「してない」

ここで、センターから花道を通ってメインステに分かれて戻る嵐さん
「ってわけで、生嵐いかがですか」
「嵐で一番かっこいいのがにのちゃんだよー」
笑いながらニノの頭を叩く翔君
「少なくとも一番濃いのは松潤だよー」
「自分で言った!少なくともってのがおもしろいね」
メインステにいたJr.にアオゾラペダル用の衣装を着せてもらう嵐さん
「これ江田だから。一番キライな奴だから。踊り間違えるし」
困った顔の江田君
「にのちゃんひどい!」
ここで、相葉さんに促されて山本君がバク転を披露することに
華麗にくるりと飛ぶ山本君。うまくいって、ガッツポーズで嬉しそう
「山本くんさ、体の割りにはガッツポーズがでかいんだよね」

~アオゾラペダル♪

ハチクロの話に
「俺さぁ、歌ってる間ずっとハチクロの映像(バックに流れてるもの)見てたんだけど、伊勢谷くんカッコイイよね」
「かっこいいねー」
「皆で観たよね」
「誰がかっこいい?」
「………いせやくん」
「って知らないじゃん!」

番宣・硫黄島・鉄コン
「にのちゃん、役どころは?」
「役どころは…下っ端ですよ。
あのねえ…これゆっちゃおーかなー」

「言っちゃいなよ」
「ドーム公演もできたしなあー言っちゃおうかなぁ~。あのね…新聞に、ユウキナエさん出るって書いてあったっしょ?」
「ああ、あったね」
「ユウキナエさん、俺の奥さんだから。俺子供いるから」
「うっそ!!」
「年齢は?」
「年齢ね…最初、40代だったの」
「ええ?!」
「それはちょっと無理だなって、次に来たのは30代後半だったの、だから子供いるって設定なんだよね」
「今もそうなの?」
「今は、多分…20代後半ぐらいになってると思う」
「でもさ、にのちゃん帰ってきたとき凄く大人っぽくなってたよね」
「そう?」
「うん、24ぐらいに見えた」ここでちょっと返答に詰まるニノが可愛い
「一個だけじゃん」
「ちょっとオヒゲちゃん生えてたよね」
「オヒゲちゃんってかわいいな」
「あれね、なんかそのまま使われちゃったの」
「ニノのヒゲって珍しいよね」
「でも雰囲気が大人っぽかった」
「俺帰ってきた次の日会ったの」
「デート?」
「そうそう、いや違う違う」
ピタリ止まるメンバー
「今さぁ、デート?そうそう、いや違う違うって!」
「あやうく聞き流すとこだったよ」
「初めてじゃない?この7年間でノリツッコミって」
ここで恥ずかしさで、セットの陰に隠れて顔だけ覗かせる松本さん(カワイイ!)
話を戻して、
「舞台の稽古してるときに来たんだよね。なんかすげー大人っぽかったよ。神経が研ぎ澄まされてる感じ」
「それがね、帰ってきてまたゲームやっていつものにのちゃんに戻ってったんだよね」
鉄コンの話になり、声入り映像見ちゃう?と、スポットが流れることに
鉄コンPR映像終わり…
「ほら、なんかさ大人っぽいんだよね
「…二人一緒じゃなきゃ見つからない…」」←低い声で真似してます

番宣・僕妹・花男2
「正直さ、パート2できるって凄いよね。でもそういうの多いよね。ごくせんもそうだったじゃない?」
「そうだね、けどあれ2は俺出てないからね。しかも2になったら視聴率めちゃくちゃ上がったしね」
「あっ、そっか…」
「この間、声取りしたんだよね、井上真央ちゃんと2人で」
「花男のスタッフと仲いいよね?」
「仲いいね。キャッツのスタッフとかぶってるよね」
「この間うたばん出たときに、そのプロデューサーがだんご差し入れしてくれたんだけど、ほんとにだんご差し入れてくれたんだと思ってびっくりした。しかも量がめちゃめちゃ多かったんだよね」
「あれは食べれなかったねー」
「あの人嵐11人ぐらいだと思ってるんじゃないかな」

番宣・キャッツ
「相葉君観た?」
「観たよ。夜中にやってたよね?」
「………」
「再放送。3時ぐらいにやってたよね?」
「ああ。やってたね。
日本シリーズ観た?よかったらDVD貸すよ」

「あー観たい。ふとんやさんだっけ?」
「(完全に絶句)…呉服屋だよ」
「ああー。そっか」
「あーびっくりした」

以上、福井1部MCでした。
よし、頑張れた!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://doubles.blog20.fc2.com/tb.php/471-c20f5ef6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。