--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジェイムス・ブラント大阪公演に仕事帰りに行ってきました。
会場から城Hが見えて、なんだか凄く幸せ。
夏は絶対あそこに行くぞ!

さて。
ソロライブ以来のオールスタンディング。
そして整理番号はなんと617。
これは何かいいことあるな!と意気込んで参戦…

いいことあるな、どころじゃなかった。
凄く貴重ないい時間を過ごさせてもらいました。

彼を知ったのは、勿論「燕のいる駅」
なので勿論燕で使われていた曲も全て歌ってくれたんですが…
感動したのが、燕タイトルバックでかかっていた「high」を歌ってくれたときのバックが、青空を流れる雲の映像だったんですよ…
曲を聴いただけでもずっと鳥肌がたってたのに、その映像見たら涙が自然と出てきました。
頭の中に、あの日本村の駅が出てきて。
ある晴れた空に、ぽっかりと浮かぶ雲…
絶対舞台とは関係ないのに、リンクしてるなんて

…とか言ってますが、始終燕のこと思い出してたわけではありません;
本当に最高なライブでした。
海外のお客さんが多くて、みなさんMCの会話にもついてゆけるのね…
こちとら聞き取るので精一杯でしたよ;
彼の歌が本当に好きな親が、「観にいけて凄く幸せだった」と言ってくれたので良かった!

バンドの方もかっこよくって。
イギリス人なんてステキなの
ジェイムス・ブラント本人も、元軍人さんだと思えないくらいなんだか気さくで、ずっと笑顔で歌ってくれました
途中、ピアノの弾き語りでバックの映像に戦争で破壊された町で暮らす人々の映像が流れて…
戦車が街中を走っているのに、子供達は笑顔で車を追いかけたりしてるんです。
軍人だった頃、こういう町にも行ったのかな…

今日のMステに出演されるようなので、見れる方は是非見てみて下さい
歌うのは、ドラマでも使われてた「You're Beautiful」だろうけど、これも燕で使われてましたし、とても綺麗な曲なので聴いてみて下さい
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://doubles.blog20.fc2.com/tb.php/307-a1e014cb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。